MENU

【Unity】FastGUI for NGUI

PSDをNGUIにインポートするアセット
PhotoShopで制作したUIの通りに組み込まれるだけでなく、指定した機能もセットされる。またNGUIアトラスも自動生成される。UI初期の組み込み時に非常に便利。

 

使い方

Photoshop

①Program Files\Adobe\Adobe Photoshop \Presets\ScriptsにFastGUI Importer Photoshop Plugin.jsxを入れる

PhotoshopでUIを制作、指定された命名規則通りに命名する

スクリプトでUnityのAssetにエクスポート

Unity

①NGUIのUI Root、Camera、Panelを作成

②NGUI>FastGUI>Import NGUI Screenを起動

③吐き出したデータ、パネル、フォントデータを指定してインポート

フォルダの命名規則

Image Button(画像ボタン)

ibtn_Name
 ∟Idle(通常)
 ∟Pressed(長押し)
 ∟Hover(マウスオーバー)
 ∟Disable(ディセーブル)


Checkbox(チェックボックス

ckb_Name
 ∟ Background(通常)
 ∟ Checkmark (チェック済み)


Slider(スライダー)

sld_Name
 ∟ Thumb(マニュピレーター)
 ∟ Foreground (100%)
 ∟ Background (0%)


Progressbar(プログレスバー

pgsb_Name
 ∟ Foreground (100%)
 ∟ Background (0%)


Text Label (テキスト)

txt_FontName_Name

 

Input Text Label(入力テキスト)

inp_FontName_Name

 

Sliced Image Button(スライスした画像ボタン)

ibtnslc_Name


Clipping Area(クリッピング

clp__Name
 ∟ clipping-area

Sliced Image Button(スライスしたスプライトボタン)

slc_Name


Empty Widget(空のウィジェット

wdgt_Name

 

ドキュメント
http://unitydocs.rocketgamesmobile.com/FastGUI%20Documentation.pdf